memo

 

私は人よりも物覚えが良くない。だからメモを取る。

仕事用のPCはデスクトップに付箋がたくさん貼ってあった。会社の人に偶然見られた時「パソコンの待ち受け、すごいことになってるね」と言われ(「待ち受け」という響きが懐かしい)なんだか恥ずかしくなってカレンダーアプリのメモ機能にすべて移した。

日記も私にとってはメモの一つだ。今日は何があった、昔はこんなことがあった、その時こう思って、こんな結末になった。忘れないようにメモしておく。Twitterもそうだ。短文しか書けないため、本当の意味でのメモとして使える。いちいち日付を書かなくても呟けば勝手に日時を記録してくれる。

ブログもそうだ。短いメモの「まとめ」としても使える。PCに標準搭載されているメモ機能(Windowsでいえば”メモ帳”とか)でもいいと思ったのだが、やはりブログは日記を書くのに特化しているだけあって月別表示や記事検索ができるし、なんといってもデザイン性がある。飾り気のないメモ用紙は必要十分ではあるが、少し寂しい。

ちなみに現在日記として使っているのはDaylioというアプリだ。今日の気分とアクティビティを選ぶだけでいい。文字を書くことすら放棄したい人にオススメだ。メモ機能がついているので短い日記も書ける。私は覚えておきたいことがあった日だけ一言二言書くようにしている。それくらいの適当さで続けられる。リマインダー機能もあるため、毎日服用する薬を欠かさず飲むことだってできる。

daylio.net

 

どうやら私は人よりも出来事を覚えていられないらしく、友人や恋人に「一緒にこんな所行ったよね」「あんな事があったよね」と話を振られ(あったっけ?)と思いながらバレないように話を合わせている場面が多くある。相手にとってはショックかもしれないから、もちろん表には出さない。会話が終わった後も自分の頭の中を探し回って、それでも見つからなければGoogleフォトにバックアップしている写真を遡る。それで思い出すこともあれば、写真を撮っていなくて最後まで思い出せないこともある。それでいいと思っている。人は思い出を忘れることで生きていける。らしい。でも私はちょっと忘れすぎかもしれない。

 

「忘れっぽい」と言うとネガティブなイメージを持たれるかもしれないが、私は自分のそういうところに救われている。良いことも忘れてしまうが、嫌なことも忘れられる。生きていれば1つや2つくらい忘れたいことがあるものだ。え、そうでもない?それは羨ましい限りだ。

とにかく覚えていられないのだ。だから、覚えなくてもいいようにメモを取っている。写真を撮るのと同じだ。たまに見返して「あ~こんなこともあったね」と浸るためだ。良いことも悪いことも全部「私」を構成する要素だから忘れたくはない。忘れてしまっては体験した意味がなくなってしまう。だからメモしておく。まあ、全てに意味があるとは思っていないけれど。

 

先日、久しぶりに過去のメモを見に行ったら「Yahoo!ブログサービスは終了しました」の文字が目に飛び込んできた。何ということだ、私の貴重な小学生時代のメモが綺麗さっぱり消えて無くなってしまった。データとして残す日記はこれが怖い。手書きの日記は手が疲れるし、本棚の場所を取るからもう書いていないのだが、再開せねばならないかと一瞬考えたくらい衝撃的だった。そういえばどこかのニュースサイトで「Yahoo!ブログ終了」の見出しを見たかもしれない。あらかじめ記事を移行しておくべきだった。でも、Yahoo!ブログにデータ移行機能なんてあったかしら。まあいい。消えてしまったものはしょうがない。忘れてしまうしかない。

 

私は自分の人生が好きだ。もちろん良いことばかりじゃなかったが、我ながらちゃんと向き合ってきたと思う。時には全部どうでもいいと思うことがあっても、最後は自分で選び取ってきた。忘れたくない。でも覚えられない。だからメモを取る。

 

ブログ始めました 3

 まだ続くよ「最近始めたこと」シリーズ。

 

3. ロードバイク

 昨年兄から貰った。突然「自転車いる?」と連絡がきた。きっかけはそれだけだ。

 

f:id:kenpi72:20210223213539p:plain

ブラック×グリーンがカッコいい。「男前」を感じる。


 前回の記事で「私は体を動かすことが嫌いではない」などとのたまったが、決して運動神経が良いわけではない。カナヅチだし、長距離走は嫌いだし、短距離走も速くない。体は硬いし筋肉も無い。運動能力は至って普通……いや、ひょっとしたら低い方かもしれない。

 そういう自覚があるので、こんなガチガチの”バイク”と呼ばれる類の乗り物にちゃんと乗れる自信はなかった。大学生の頃も自転車を持っていたが、なにせ大学入学まで自転車に乗ったことが無かったので、いざとなれば脚力だけでも停まれるような大きさのものを選んで買った。しかし、買って半年後くらいに路駐で持って行かれてしまったので(バカ)結局ろくに乗れないまま残りの大学生活を自転車ナシで過ごしたのだった。

 そんな訳で、こんなにきちんとしたロードバイクとは無縁の人生だった。触れることは無いとすら思っていたのに。

 

 「昨年」兄から貰った、という言葉通り、貰ってからしばらく放置していた。いやぁ…今までこんな物と接点が無かったから、何というか、どう扱っていいか分かんなくてさ……ハハ。

 

 笑っている場合ではない。譲り受けても乗らなければ宝の持ち腐れだ。私はある日恋人に付き添ってもらい、近所の人通りが少ない道で練習をした。

 つま先しか地面に付かない自転車って不安だな…こんなんで立ち漕ぎとか出来るんか?と怯えながら、何度か横転しかけながら、時に内腿を強打しつつ乗り続けること数時間。直進はバッチリ、なんとか小回りしながら曲がれるくらいにはなった。

 ここまで必死に何かを練習したのは学生以来だった。入社して初めて仕事を教わる時だってこんなに真剣ではなかった。身の安全に関わるからかもしれない。

 

 そんな超ド級ロードバイク初心者だが、先日ちょっと遠くまでサイクリングをした。(まさか私の口から「サイクリングした」という言葉が出ようとは…。)

目的地周辺までの道は自転車専用ゾーンがあったお陰で安心して楽しめた。早くすべての道路に設けてくれ。でないと私が死ぬ。

 

 好きな時に好きな場所へ行けるのが自転車だ。行動範囲が広がって嬉しい。ペダルを漕いでいると体が熱くなるし、風が気持ちいい。

f:id:kenpi72:20210227231920p:plain

桜って2月でも咲くんだっけ


 …と、楽しいロードバイク生活が始まったのは良いものの、問題はマンションの駐輪場に空きが無いことだ。共用部の掲示板には空きがあると書いてあるのに、実際は無かったのだ。「自転車いる?」と聞かれ(確か空きがあったよな…)と考えながら返事をしたのだ。私に計画性が無かったわけではない。私は悪くない。(声のボリューム:大)

貰う前に確認するべきでしたね。

ひとまず玄関に置いてある。貰ってからずっと半年ほどクソ狭い玄関に鎮座しているのだ。邪魔でしょうがない。マンションの管理会社に問い合わせ続けているのだが、結局この半年間空かなかった。

 

そろそろ引っ越しシーズン。1日も早く駐輪場が空くことを願って過ごしている。

 

ブログ始めました 2

ブログ始めました - 読めるけど書けない

 ↑の記事に書いた通り、今回は新しく始めたこと②について。

 
2. リングフィットアドベンチャー

そう。みんな大好き任天堂から出ているアレだ。

store-jp.nintendo.com

私は体を動かすことが嫌いじゃない。学生時代からスポーツに親しんできた方だ。散歩するのも好きだし、旅行に行けばあちこち歩き回る。昨年の秋には中級者コースを選んで高尾山に登った。(高尾山に登るのは初めてだった)

しかし、それは育った環境がそうさせたのであり、私は元来引きこもり気質である。昨今の感染症の流行やテレワーク勤務の増加が、それを加速させた。

さすがに運動不足だなあ…と昨年末に何となくランニングウェアやシューズを揃えてみたものの、季節は冬。とても外に走りに行こうとは思えない。でも運動はしたい…。そんなわがままレディの要望に適ったのがこのゲームである。

在宅勤務だった日は必ず、出社した日でも気が向けば15分ほどやるようにしている。まだ6日目だが、既に「このゲームは凄い。続ければ効果が出る」と確信している。

 

ただの筋トレゲームかと思ったら一応ストーリーがあるようで、ファンタジー世界をよく喋る黄金のリングと共に冒険する…というものだ。敵とのバトルでは数種類の筋トレメニューを選んで、それを敵に向けて行うことでエネルギー弾が発射され敵にダメージが入る。画面の端にはお手本が添えられていて、その通りにしっかり筋トレできればクリティカルヒット扱いになるらしく、敵に与えられるダメージが増加する。

プレイヤーの動きはjoy-conの動きから読み取られているようだ。Switch本体から外し、リングコンや足に巻くホルダーに装着する。このコントローラー、運動後に脈拍を測ったりできるし意外と高機能なんだな。

不定期に新しい筋トレメニューをGETできて、鍛えたい体の部位に合ったものをデッキにセットできる。メニューごとに色分けがされていて、敵キャラと同じ色のものを選んで攻撃するとダメージがアップする。

長々と書いてしまったが、ただの筋トレゲームかと思ったら(2回目)きちんとゲームらしさもあって面白い。普通にやるより楽しく筋トレできる工夫がされている。

始める前は正直ナメていた。家で一人でやっているのに「ヒィ!!」「ンィア!!」「もう嫌!」と変な声が出てしまうくらいにはキツい。ボス戦が特にキツくて、倒すことができなければ再トライ、つまりもう一度最初からみっちり筋トレしないといけないのだ。絶望だ。

このゲームは個人の体質・目的に合った運動負荷を設定できる。1~30の負荷を設定できるので、あまりにも負担であれば数値を下げるのも一つの手だ。私は絶対に下げないがな。既に2つほど下げてしまったので。

フィールド移動中はその場足踏みしてずっと走ってなきゃいけないし、走りながらリングコンを押し込んだり引っ張ったりするのもしんどい……これほどまでにしっかり運動できるゲームだとは…………任天堂は……すごい…………………。(ここで力尽きる)

 

 

ちなみに今日はサボりました。

 

ブログ始めました

初めて自分のブログを持った訳ではない。

複数のことを新しく始めたついでに「久しぶりにブログでも書くか」と思いつきで開設した。

 

今回はその「新しく始めたこと」について書いていく。

 

1. 家計簿

手書きの家計簿。目的はいたってシンプル「貯蓄&金銭感覚を正すため」。

ちなみに4年ほど前から「Zaim」で家計管理している。

レシート読み取り機能、カード利用履歴や銀行口座との連携など機能面が充実!

すでに有名だと思うけどお勧めしておく ↓

zaim.net

 

ただ、プレミアム会員でも数日後、遅いと1週間後にしか連携元の情報を取り込めない。せめて前々日分まで即更新できるようになってほしい。連携元の売上計上のタイミングとか、システム上仕方ないのだろうけど…。

さらに、高機能であるが故に先の支払予定や全体の家計バランスも把握できてしまい、私には無意識に脳内で「あとどれだけお金使えるかな~?」と計算して残りのお金を使えるだけ使ってしまう才能 浪費癖があるので、アプリに頼りきりになるのは辞めることにした。

学生時代から何だかんだで支払いが滞ったことは一度もないのだが、この才能 土壇場で何とかする癖もそろそろ治す頃合いだろう。もう社会人なんだし。 

加えて先月、貯金から費用を捻出して医療脱毛に着手したため、また貯金しなおす必要があった。次の自己投資に備えるのだ。

 

ちなみに先月からスタートさせていて、現時点で2か月続いている。

手書き家計簿が功を奏したのか、崖っぷち意識が働いたのかは不明だが、今までなんとかキャッシュフローが回っていただけの家計が今月は黒字を達成した。

テレワークで外出する機会が減ったり、クレカを持ち歩かずに家に置いておくようにしたことが主な勝因である気がするが、とにかくヨシ!

食費を無闇に削ったり、交際費の出費を我慢したりする節約ナシで黒字に転じたのは「私やればできるじゃん」の一言に尽きる。

毎月の支出を書き出して把握したり、予算を設定しなおしたりするいい機会になった。貯蓄はいくらあってもいいので、ぜひとも継続していきたい。

 

他にもいくつか新しく始めたことがあるのだが、今回はこれくらいにしておこう。

次の記事で2つ目を書こうと思う。ではまた。