ブログ始めました 3

 まだ続くよ「最近始めたこと」シリーズ。

 

3. ロードバイク

 昨年兄から貰った。突然「自転車いる?」と連絡がきた。きっかけはそれだけだ。

 

f:id:kenpi72:20210223213539p:plain

ブラック×グリーンがカッコいい。「男前」を感じる。


 前回の記事で「私は体を動かすことが嫌いではない」などとのたまったが、決して運動神経が良いわけではない。カナヅチだし、長距離走は嫌いだし、短距離走も速くない。体は硬いし筋肉も無い。運動能力は至って普通……いや、ひょっとしたら低い方かもしれない。

 そういう自覚があるので、こんなガチガチの”バイク”と呼ばれる類の乗り物にちゃんと乗れる自信はなかった。大学生の頃も自転車を持っていたが、なにせ大学入学まで自転車に乗ったことが無かったので、いざとなれば脚力だけでも停まれるような大きさのものを選んで買った。しかし、買って半年後くらいに路駐で持って行かれてしまったので(バカ)結局ろくに乗れないまま残りの大学生活を自転車ナシで過ごしたのだった。

 そんな訳で、こんなにきちんとしたロードバイクとは無縁の人生だった。触れることは無いとすら思っていたのに。

 

 「昨年」兄から貰った、という言葉通り、貰ってからしばらく放置していた。いやぁ…今までこんな物と接点が無かったから、何というか、どう扱っていいか分かんなくてさ……ハハ。

 

 笑っている場合ではない。譲り受けても乗らなければ宝の持ち腐れだ。私はある日恋人に付き添ってもらい、近所の人通りが少ない道で練習をした。

 つま先しか地面に付かない自転車って不安だな…こんなんで立ち漕ぎとか出来るんか?と怯えながら、何度か横転しかけながら、時に内腿を強打しつつ乗り続けること数時間。直進はバッチリ、なんとか小回りしながら曲がれるくらいにはなった。

 ここまで必死に何かを練習したのは学生以来だった。入社して初めて仕事を教わる時だってこんなに真剣ではなかった。身の安全に関わるからかもしれない。

 

 そんな超ド級ロードバイク初心者だが、先日ちょっと遠くまでサイクリングをした。(まさか私の口から「サイクリングした」という言葉が出ようとは…。)

目的地周辺までの道は自転車専用ゾーンがあったお陰で安心して楽しめた。早くすべての道路に設けてくれ。でないと私が死ぬ。

 

 好きな時に好きな場所へ行けるのが自転車だ。行動範囲が広がって嬉しい。ペダルを漕いでいると体が熱くなるし、風が気持ちいい。

f:id:kenpi72:20210227231920p:plain

桜って2月でも咲くんだっけ


 …と、楽しいロードバイク生活が始まったのは良いものの、問題はマンションの駐輪場に空きが無いことだ。共用部の掲示板には空きがあると書いてあるのに、実際は無かったのだ。「自転車いる?」と聞かれ(確か空きがあったよな…)と考えながら返事をしたのだ。私に計画性が無かったわけではない。私は悪くない。(声のボリューム:大)

貰う前に確認するべきでしたね。

ひとまず玄関に置いてある。貰ってからずっと半年ほどクソ狭い玄関に鎮座しているのだ。邪魔でしょうがない。マンションの管理会社に問い合わせ続けているのだが、結局この半年間空かなかった。

 

そろそろ引っ越しシーズン。1日も早く駐輪場が空くことを願って過ごしている。